H.works shop

1:小さな一輪が楽しめる花器色々です。左側が長谷川さんの林檎灰
 や松灰、鉄釉などの小壺。中央に手びねりで作られた原さんの花器
 で、マトリョーシカ型やおかめ型、六角鶴松文に城郭文の花器。右側
 に並ぶのは竹本さんの黒灰釉や藁白釉、粉引灰釉などの小壺です。
2:萩原さんのカトラリーです。山桜のデザートスプーン、様々な木の
 アイススプーン、柄が短めのジャムスプーンやクルミの小さな匙など。
3:小皿、豆皿、小さ目ピッチャー、などなど並ぶコーナー。
4:19cm前後のお皿やお鉢。デザートも盛り映えしそうです。左より
 萩原さんのくるみとチーク(黒漆)の丸皿。長谷川さんの林檎灰釉7
 寸皿。原さんの印判花鳥文皿。竹本さんの黄灰釉6寸平皿。
5:ケーキやちょこっとおやつにいい器。河上さんの再生ガラス小鉢。
 竹本さんの5寸皿3種(粉引・灰釉・黄灰釉)と、3寸片口小鉢(粉引・
 粉引灰釉)。長谷川さんの林檎灰釉小皿(荒目の土)と5寸皿。原さん
 の輪花皿や花鳥文皿も5寸です。
6:河上さんのつるし花器はモール模様とプレーンのもの。涼しげです。

7:上段が長谷川さん、下段が竹本さんのお品です。お二人とは園芸話に
 もよく花が咲きます。そのお二人が作る小壺です。
8:手びねりならではの花器は原さんの馬文花器と魚型花器。彩色を施し
 たボトル型花器は萩原さんのお品。下段左は竹本さんの粉引灰釉花器、
 右が長谷川さんの林檎灰釉花器。共に日常的に使いやすい大きさ。
9:新茶を美味しくいただける湯呑も色々。デザート用にもいいそば猪口も。
10:湯冷まし用に酒器にとなる片口ですが、花を挿しても素敵です。左
 3点が長谷川さん、右のものは竹本さん。下段もお二人のもので、左
 (林檎灰)と中央(鉄釉)は長谷川さん、右(粉引)が竹本さんの花器で、
 高さは17cm前後のもの。佇まいに凛としものがどちらにも感じられます。
11:竹本さんと長谷川さんの、デザートにお料理にと使える4〜5寸の
 小鉢や、下段には、長谷川さんの7.5寸前後のお鉢が並びます。
12:盛り付けが楽しい萩原さんのスィーツスタンド(大)(小)。しぼり模様
 の入る深鉢の(大)(中)は河上さんのもの。下段には長谷川さんの、
 鉄釉と林檎灰釉の花器。高さは20cm前後です。伸びやかに枝物を挿し
 て様になり、空間に置いて造形を鑑賞してもよしの花器でしょう。

A:異国にこんな建物があった様な… 萩原さんのボトル花器。気軽に
 草花一輪が楽しめます。空間も軽やかに…
B:器をうめつくす大胆な牡丹文。大輪の花を合わせてもよし、小花を
 合わせてもモダンに見えます。
C:頭の天辺に挿し口のあるおかめとマトリョーシカ型の花器。その
 口元に小さく挿した花や実が髪飾りの様になりました。そして奥には、
 1つに二つの絵柄がある花器。反対側におかめ文があります。
D:高さや釉薬の異なるピッチャーを色々ご用意下さった竹本さん。
 花器としてもお使いいただけるでしょう。筒型も生けやすいです。

E:河上さんのロング花器。竹本さんの藁白釉や粉引の花器。萩原さんの
 剣山とセットの置式花器。長谷川さんの花留(試作品)も入っている鉄釉
 片口。そして原さんの兎花蝶文花器など、5人の様々な花器が並びます。
F:長谷川さんの掛花になります。上2点は松灰釉で、下2点は貝の目跡
 もある林檎灰釉です。置くスペースのない場所に花が飾れます。
G:河上さんのボトル花器。高さは23cmほど。茎の長いものなどとても挿し
 やすい形です。こちらの色はオリーブ(挿した葉もオリーブ)ですがブルー
 もあり。水が入るとワントーン明るい色味にかわります。


左:高さが25cmほどある林檎灰釉花器と粉引4寸皿は長谷川さん
 のお品。手前には河上さんの六角皿と三角皿。中央には原さんの
 花器で、マトリョーシカ&おかめ文と鴨文のお品です。
中:原さんの楕円皿は牡丹とパンダのも文様。萩原さんの楕円皿は
 くるみになります。竹本さんのピッチャーは花器にされても素敵です。
右:ライム色の花材を生けているのは竹本さんの粉引花器で、高さ
 は20cmほど。長谷川さんの鉄釉花器には白い花やスモーキーな
 色の葉を。鮮やかな色の花も生けてみたいお二人の花器です。

左と右:河上さんのしぼり鉢にドット模様のあるグラス、再生ガラスに
   なるしぼりグラス。くるみのボウルや蓋物(品名はジャムケース)と
   拭漆仕上げの手付BOXは萩原さんのお品。たっぷりお茶が入る
   粉引ボウルは竹本さんのもの。同じ林檎灰釉でも表情(形も)が
   異なる花器4点は長谷川さんのもので、マグカップ3種と、形は
   同じでも絵柄が1つ1つ異なる花器は原さんのものになります。

その時々の店内の様子をご紹介  2018年6月9日現在

花器とデザートの器をご紹介する展覧会、[花とデザート]は梅雨入りと
共にはじまりました。ガラスの河上智美さん、木工の萩原英二さん、
陶器の竹本ゆき子さんと長谷川奈津さん、そして染付の原朋子さんの
5人の手による、様々な表現の品々が並ぶ展覧会となっております。

*画像は6/9現在のものになりますので、お品物がすでに無い場合もございます。ご承知下さい。

H.works shopページ バックナンバー

home/news

exhibition

blog

shop

mail order

access

10

11

12

A

B

C

D

E

F

G